先輩社員の声

星野 加奈
人事総務部 人事グループ

1.就職活動エピソード、入社の決め手

「私らしく働けそう!」と思ったのが入社の決め手です。

就職活動中は特に業種・職種を絞らずに「人々の生活に欠かせないモノ」に携わる企業を中心に探していました。その中で偶然ガスターを見つけ、「人々の生活に欠かせないお湯(ガス給湯器)に携わっている」「首都圏に特化した事業展開」という2点に魅力に感じたことが、選考に進んだキッカケでした。
そして、説明会等で先輩社員と話をする中で感じたガスターの「あたたかい社風」が私に合っており、「この会社なら私らしく働けそう!」と直感で感じたのが、最終的な入社の決め手です。

2.現在の仕事内容

従業員の皆さんの会社生活を、あらゆる形で支える。

私の所属する人事総務部は、「従業員のみなさんの会社生活を支える仕事」を全般的に担っている部署です。部署の担う仕事は様々ですが、私はその中でも主に「採用」「教育研修」の分野に携わっており、新卒採用関連、社内の教育研修等を中心に担当しています。
またその他にも、毎月の人員の把握や伝票処理、社内報編集委員など、関わる仕事は多岐にわたります。どの仕事においても自分だけで完結する仕事はないので、常に自分の仕事の先にいる「お客様(従業員)」がどのようなものを求めているか?を意識しながら仕事に取り組んでいます。       
「事務」というと、一日中机とパソコンに向かい黙々と仕事をする……というイメージをお持ちの方もいるかもしれません。しかしガスターの事務は、前述の通り一人の担当する業務の幅が広く、他の部署の方との関わりも非常に多いので活気も生まれ、大変ではありますがやりがいも大きいです。       
人とのコミュニケーションが好き!1つのことだけでなく様々なことに挑戦してみたい!という人には、ガスターの事務はとてもオススメです。

3.仕事に関するエピソード

何事にもまずはチャレンジ!

私はガスターに入社して間もない頃、人前で話をすることが大の苦手でした。そんな私に発表された最初の配属先が「人事」。人事=採用・社員研修担当=“人前で話をしなければならない機会が多い”というイメージが私の中であったので、配属を発表された時は「本当に私に務まるのだろうか……」と正直不安な気持ちでいっぱいでした。
「若手も積極的に挑戦できる場がある」というのは説明会でも聞いていましたが、私の上司は、話す事に苦手意識を持っている私に敢えて“人前で話さなければならない機会”を沢山与えてくれました。当時の私は本当にただ必死で、苦手ながらも数多くの練習と失敗を重ねながら、与えられた仕事に1つひとつ向かい合いました。
そして失敗する度に「悔しい!もっと出来るようになりたい!」と思いながら、次に繋げる努力をしました。この頃の経験が、今の私の「何事にもまずはチャレンジ」という姿勢に繋がっていると感じています。これからも様々な仕事に触れる機会があると思いますが、この姿勢を忘れずに仕事に取り組んでいきたいです。

4.今後の目標、実現したいこと

「全ての従業員が幸せを実現・実感できる会社」へ

これからも現状に満足せず様々な業務にチャレンジをし、一歩ずつでも成長・進化し続ける自分でいたいと思います。またKG2023vision「ありたい姿」の1つに「全ての従業員が幸せを実現・実感できる会社」という目標が掲げられていますが、まずは自分自身が仕事と家庭を両立させ、公私共に「幸せ」を感じながら生き生きと働き続けたいと考えています。
さらに将来的には、従業員の皆さんがあらゆる場面で「幸せ」を感じられるような環境づくりに深く携わりたいです。