先輩社員の声

柴﨑 亮人
生産技術部 生産技術グループ

1.就職活動エピソード、入社の決め手

明るく働きやすそうな社風が、入社の決め手でした。

就職活動を始めた当初は、大小さまざまな会社を見て回っていましたが、なかなか自分に合っていると感じる会社に巡り合えずにいました。そんな中、ガスターの会社説明会に参加した際、社内ですれ違った方々が明るい笑顔で挨拶をしてくれました。
その時、他の会社では感じられなかった感覚を覚え、「この会社で働きたい」と思いました。実際に働いてみて、入社前の印象の通り明るく働きやすい会社だと実感しています。

2.現在の仕事内容

より良い生産体制を作り上げるのが、私のミッションです。

私が所属している生産技術部は、生産に関するQ・C・D(品質・コスト・納期)の向上に関する全ての役割を担っている部署です。
その中で私が現在担当している業務は、生産設備の企画・設計・導入です。設備導入の仕事は、ただ工場に設備を導入することだけが目的ではありません。
工場で生産しやすい製品になるように製品の設計変更の提案をしたり、工場のレイアウト・効率の良い製品の流れの提案を行ったりもしています。このように、様々なことを考慮した上で設備導入を行い、より良い生産体制を作り上げるのが私のミッションです。一から考えて新たなアイデアを生み出していく業務が多いため、その過程では苦労する点や難しい点もあります。
しかし、苦労して生み出した設備を工場に導入したり、自分の提案した改善案が製造方法の改良につながった時の喜び・達成感は言葉にできないものがあります。そして自信と誇りも生まれます。今後も製造現場を積極的に巻き込み、より良いモノづくりを実現していきたいです。

3.仕事に関するエピソード

固定概念にとらわれない。

私が今までで苦労した仕事は、ロボットを使用した自動溶接装置の導入でした。部品の量産に向けて、安定した溶接が行えるように調整を行っていたのですが、設備の状態が日によって不安定になってしまうという問題にぶつかりました。
なぜ安定しないのか原因がわからず、ロボットの調整をし直したり、使用する部品をすべて調べたり、その時の私が考えられる限りの調整を行いましたが、どうしてもうまくいきませんでした。もう諦めそうになった時に、現場で溶接に詳しい方が「溶接は予熱が大事」という助言をくださいました。
そこで予熱が出来るように変更したところ、途端に溶接が安定し、無事に部品の量産を行うことができるようになりました。当時の私は「溶接の基本」が全く分かっておらず、「うまくいかない=設備のせい」と強く思い込んでいました。
このことから、物事は基本が非常に大事であり、固定概念にとらわれていると、根本の間違いに気付けなくなってしまうのだということを学びました。

4.今後の目標、実現したいこと

他社から見本とされるような製造メーカーへ

KG2023visionの実現に向け、今後ガスターがさらに成長・発展していくためには、会社全体の「モノづくり」に対する意識レベルを、今より更に向上させていくことが必要であると感じています。そのために私たちが出来ることは、現状の製造方法・設備がベストであるかを常に考え、製造現場の方々に改善を提案していくことだと思います。
今後も製造現場をどんどん巻き込み、どんどん改善提案が出てくるような現場を一緒に作っていきたいと思います。そして、将来的にはガスターを他社から見本とされるような製造メーカーにすることが目標です。