ホーム > 長期使用製品安全点検制度 > ガスターの特定保守製品(点検対象製品)

長期使用製品安全点検制度

ガスターの特定保守製品(点検対象製品)

【ガスターの特定保守製品(点検対象製品)】

ガスターにおける特定保守製品は、以下の分類に該当するものになります。
※2009年3月以前に製造された製品も[特定保守製品]の扱いになります。
ガスターの特定保守製品(点検対象製品) 1.屋内式ガス瞬間湯沸器
〈暖房機能付きを含む〉
(都市ガス用/プロパンガス用)
ガスターの特定保守製品(点検対象製品)
2.屋内式ガスバーナー付きふろがま
(都市ガス用/プロパンガス用)

設計標準使用期間

  • 設計標準使用期間とは、標準的な使用条件(下記の「設計標準使用期間の算定の根拠について」参照)で適切な取り扱いで使用し、適切な維持管理が行われた場合に安全上支障なく使用することができる標準的な期間として設計上 設定される期間で、機器ごとに設定されるものです(消安法第32条の3)。保証書にある保証期間とは異なりますのでご注意ください。
  • ガスふろ給湯器、ガス給湯器、ガスふろがまは、設計標準使用期間を10年(業務用タイプは3年)と算定しており、適切な点検を行わずにこの期間を超えて使用すると経年劣化による一酸化炭素中毒や火災などの事故に至るおそれがあります。
  • 一般家庭用の機器については、業務用(ホテル・料理店・美容院などで使用)など、高頻度・長時間のご使用は、設計標準使用期間より早く経年劣化を起こし、重大事故になるおそれがありますので、このようなご使用はおやめください。

点検の期間

  • 家庭用製品 製造年月より9年〜11年の間
  • 業務用製品 製造年月より2.5年〜4.5年の間

整備用部品

整備用部品の保有期間は製造打ち切り後11年です。
  • ※整備用部品とは、点検の結果必要と見込まれる部品のことです。
  • ※点検期間を過ぎますと、点検の結果に応じて必要となる整備用部品を保有していない場合があります。
整備用部品の種類(6KB)PDFダウンロード

製品の製品名及び製造年月の確認方法

ご使用中の製品の製品名、製造年月を確認するには製品に貼り付けている銘板の表示をご確認ください。なお、表示の位置は、製品によって異なりますので下記の図をご参照ください。
製品の製品名及び製造年月の確認方法
ページトップへ