ホーム > 長期使用製品安全点検制度 > 長期使用製品安全点検制度について

長期使用製品安全点検制度

長期使用製品安全点検制度について

2009年4月1日より「長期使用製品安全点検制度」が始まりました。

この制度は、特定保守製品の所有者の方へ点検時期をお知らせし、点検を実施することで事故を防止するための制度です。 特定保守製品をご購入されたお客様は[所有者登録]が必要となります。また、現在、特定保守製品をお使いのお客様には、今後も安全にご使用いただくために点検の申し込みをお願い致します。(点検は有料になります。)

【長期使用製品安全点検制度とは】

「長期使用製品安全点検制度」は、所有者自身による保守が難しく、経年劣化による重大事故の発生のおそれが高い9品目の製品(特定保守製品)について、経年劣化による事故を未然に防止するため、点検などの保守を適切に支援する制度です。点検実施のため、所有者情報の登録が必要になります。

制度の詳細につきましては、経済産業省のホームページをご覧ください。

【特定保守製品とは】

経年劣化により安全上支障が生じ、特に重大な危害を及ぼすおそれが高い9品目が「長期使用製品安全点検制度」で指定された「特定保守製品」として点検制度対象にされております。 ガスターにおける特定保守製品は、以下に分類されるものが該当します。

【所有者情報のご登録から点検までの流れ】

  • 販売者から点検制度についての説明を受けてください。
  • 製品に同梱されている所有者票(返信ハガキ)に必要事項をご記入いただき、ご返送をお願いします。記入内容の詳細については、こちらをご参照ください。
  • 点検の時期が近づきましたらガスターより点検通知をお送りします。
    ※製品の製造から8.5年〜9年の間に点検通知を致します。
  • 点検を実施します。※製品の製造から9年〜11年の間に点検を行ないます。
    ご不明な点がございましたら、点検に関するご相談窓口にお問い合わせください。
  • 弊社にて受付けいたします。
  • 点検をお申込みください。
    ※点検は有料になります。
ページトップへ