沿革・歴史

お湯のある快適な暮らし

ガスターは1959年の創業以来「お湯のある快適な暮らし」を提供し続けてきました。常にお客様第一に、品質はもちろん環境にも充分配慮した商品づくりを心がけひたすら“商品の独創性”を追求し、常に業界のトップランナーを目指しています。

沿革

1959年 資本金2億円で関東ガス器具として創立
1965年 バランス型ふろ釜を発表、住宅公団に納入開始
1967年 品川五反田から神奈川県大和市に移転
1971年 商号をガスターに変更
1973年 温水機器専門メーカーに移行
1980年 コンパクト大型給湯器の開発、販売開始
1982年 給湯器OUR-13号「太田賞」受賞
1984年 壁貫通型ガスふろ給湯器(ホールインワン)を開発・販売開始
1987年 空調機器部門へ進出。ガスエンジンヒートポンプエアコン(GHP)販売開始
1989年 (株)INAXと業務提携、資本金を24億5千万円に増資
1993年 床暖房用「温水マット」、COセンサー付FE給湯器を東京ガス向けに販売開始
1995年 次世代給湯器「アステージシリーズ」発売。低騒音、低NOxガスバーナーの開発で「日本燃焼学会技術賞」受賞
1996年 次世代給湯器の開発で「(社)日本瓦斯協会技術大賞・技術賞」受賞
1997年 全員参画型の「アメーバ経営」導入
1998年 ISO9001(国際品質保証規格)認証取得
1999年 リンナイ(株)と業務提携
2000年 給湯器エコジョーズ(高効率給湯器)販売開始
2001年 横浜テクノセンター設立。ISO14001認証取得(環境マネジメントシステム規格)
2002年 TES(給湯暖房ふろ用)熱源機製造・販売開始
2003年 コージェネシステム(省エネ・熱電併給)製造・販売開始
TESエコジョーズ(高効率給湯器)製造・販売開始
2004年 ふろ給湯器エコジョーズ(高効率給湯器)製造・販売開始
2006年 潜熱回収型壁貫通型風呂給湯器(エコジョーズHOL)「省エネ大賞」受賞
2007年 「エコジョーズHOL」開発で機械学会動力エネルギー技術シンポジウム優秀賞受賞
「美・白湯」(マイクロ気泡浴)微細気泡ユニット(UF-MBU)発売
2008年 横浜テクノセンター 新・折マット 生産開始
大和ショールーム『ガスタジオWings』 オープン
「エコジョーズHOL」日本ガス協会技術賞受賞
環境にやさしい新・粉体式塗装ライン 稼働開始
2009年 塗装工程改善によりPRTR優秀賞・審査員特別賞を受賞
50号業務用給湯器 東京都「低Nox・超高効率燃焼機器」認定
「YUMEX」給湯器 ガスターブランドとして首都圏にて販売開始
創立50周年記念式典・祝賀会開催
2010年 太陽熱利用ガス温水システム「SOLAMO」(集合住宅ベランダ設置型)販売
開始
2011年 太陽熱利用ガス温水システム「SOLAMO」(戸建住宅向け)販売開始
2012年 太陽熱利用ガス温水システム「SOLAMO」(集合住宅屋上設置型)販売開始
「三方弁ドレン処理方式エコジョーズ」日本ガス協会技術賞受賞
2013年 エネファーム用貯湯ユニット・バックアップ熱源機 製造・販売開始
「KG2023Vison」(10年後の「ありたい姿」)策定
2015年 『ホッとバス』の製造・販売開始
※ホットバス:壁貫通型ふろ給湯器(浴室暖房対応機器)と浴室暖房機
2016年 経営権が東京ガス株式会社からリンナイ株式会社に移管され
リンナイグループの一員として新たなスタートを切る。
株式会社LIXIL(旧株式会社INAX)はガスターとの資本提携を解消。
経営権移管に合わせて空調営業本部は株式会社キャプティに移管され、
TGグループのGHP事業拡大・発展に貢献する。
ページトップへ